高級注文住宅の高級のポイントは?

時折、雑誌などで「腕時計は男のステータス」

などという見出しを目にしますが、ステータスとはそもそもなんなのでしょうか。

意味としては、社会的地位や身分、立場を表すもの、状態、といったものがあるようです。

つまり、冒頭の文を言い換えると「腕時計は男の地位を表すもの」

となりそうです。

この場合、腕時計のメーカーや種類を見て、「歳相応」

「お金持ち」

「趣味」

などの情報が、いつの間にか無言で相手に伝わってしまうわけです。

ステイタスという言葉は、様々な場面やものに使えますが、高級注文住宅はステータスとして成り立つのでしょうか。

一般的に、車や衣類などはブランドが存在するので、引き合いに出されます。

一方、高級という言葉が付くとは言っても、高級注文住宅を引き合いに出す方は少ないように感じます。

前者よりも自分で選択していることや、以前より良いものになった、というようなラインが見えにくいことが敗因だと思われます。

住宅を単なる箱ものではなく、住人を表す一つの手段として認識されることができれば、住宅の中でも高級注文住宅が引き合いに出されることも増えそうですよね。

高級注文住宅の基準としてよくあげられる価格や坪数などは、実は認識や統計によるもので、明確には定められていないそうです。

では、他の住宅と高級注文住宅にはどんな違いがあるのでしょうか。

まず、住宅メーカー独自の特殊工法を使用している点です。

これは、住宅メーカーの比較材料となるのですが、簡単に3階建てを建てる頑丈さ、大きな窓を作るために柱の数を減らす技術など、様々なものがあります。

実は、これらはメーカー独自というだけでなく、特許を取得しているので他社との差別化がはかられています。

そのため、技術品質の維持や開発費で値段が高いそうです。

次に、メーカーへの信頼料です。

場や接客、ブランド力が大きい百貨店は、スーパーより同じものでも高値で売られています。

これと同じで、メーカーへの信頼度が対価となって現れるのです。

気になるお値段はこちらで参照ください。

高級注文住宅のデザインが見たい!を叶えてくれるサイト

また、アフターサポートの充実度が信頼度と比例していますし、標準が高グレードのためオプション費用が抑えられる利点があります。

高級注文住宅を成り立たせているのは、住宅メーカーの技術と信頼といえるようです。